読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか立派なお城を建てるんだ

それぞれ個性的な性格をした4人家族。洋服のセンスが秀逸なパパ、ドケチと言われる私、運動大好き長男、勉強大好き長女。我が家では頻繁にいろいろな事件が繰り広げられるのです。

心臓の弱い人はご注意ください。我が家で起きた怖い話。


押してくれる人はいますか!?
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こんにちは。

稲川淳二さんに語ってほしいくらいです(´_ゝ`)

 

昨日は突然義両親が我が家に襲来して

 

ちょっと忙しくしてました汗

 

病み上がりの私のことを見るなり、優しい言葉をかけてくれたお義父さん。もう大丈夫なんでしょ?とあっさりしたお言葉をくださったお義母さん。まったく違う対応がおもしろかった(笑)

 

午前中の早い時間からきて、夕飯も食べてのんびりされて行ったので昨日はなーんにも家のことができなかったのです。

ブログの更新もできなくてごめんなさい。疲れてしまってサボりました。

 

そして!

昨日は天ぷらをしっかり食べてしまった上、ヨーグルトを食べる時間もなかった為に…ダイエットが一瞬停止してしまいました(T_T)

 

今日は反省してちょっと抑えめに食事をしよう。

でも、夕飯には義両親がお土産に持ってきてくれたおいしそうなお肉があるからすき焼きにしようなんてパパが言ってたからなあ。。。。

 

ここで気持ちが緩むといっきにリバウンドを制する者はゲームを制す状態になるので気を付けます。はい。

 

 

話は逸れてしまったけど、我が家であった怖い話。

 

一昨日の夕方。

 

以前の日記にも書きましたが、長女はちょっと不思議なものが見えます。その長女が夕飯を食べているときに言いました。

 

家の中に真っ黒なおじさんがいる。

 

久し振りに怖がった顔をしていて(いつも霊が見えても怖がらない)、悪いことをする霊な予感がすると言ってるんです。

 

 

前に日記に詳しく書いたと思うので省略しますけど、長女のそういう予言はかなり当たってて、それに助けられたことが何度もあります。

パパなんて命を救われたことも!

 

だから、ちょっと嫌だなー怖いなーと淳二さん的なコメントをしながら夕食をいただいてました。そのときはまだちょっと笑い話のように。

 

 

長女がそれだけ霊感があるのに、私もパパも長男もまったくなにも感じません。

パパがすっごく怖がりなくらいで。長男なんて見えたことも感じたこともないからあまり興味すらありません。

 

昔は怖いはなしのテレビが良くやってましたよねー!ぎぼあいこさんとか、おだむどうさんとか。あなたの知らない世界とか楽しみにしながら見てたなあ。

 

 

で。

 

長女は食事をしながらたまにきょろきょろしてるわけです。

 

その仕草にいちいち反応するパパ(笑)

 

 

そしたら急に!

 

長男がリビングの窓の外を指さして

「いま誰かいた!」と言いだしました。

 

一同ゾッとして、でも長男が見えるんだから人間?泥棒?なになに?という感じでパパが見に行きました。ベタなバットを持って。

 

でも外を見ても、誰もいなくて。

すぐに侵入できるような場所じゃないし、もし侵入したらすぐにスッと出られるようなところでもありません。無理矢理ではいりしたら絶対に物音がするし。

 

うーんなんだろう?勘違いじゃないの?なんて長男とパパと私が話していたら、玄関の方から誰か見てると長女。

 

えー

 

家の中に入ってきちゃった?

 

パパが急いでバット片手に玄関に行ったけど、そこには誰もいませんでした。

 

みんなしてどうしちゃった?

あの黒いおじさん??

ちょっと怖くなってるパパ。長男はくびをかしげてました。長女は不安そうな表情。

 

 

まあまあ。

みんな落ち着いてお風呂に入ろう。

 

と、私はお風呂を溜めにお風呂場へ…

扉をあけた瞬間に

 

ぶわっ

 

大きな顔のようなものが扉の中から出てくるのを感じて、尻もちをついてしまいました。

 

むおおおおおお

 

みたいな音と共に私の体以上の大きさの顔が目を見開いて飛び出してきた?

 

ちょっとうまく言えないんですが

こんな感覚ははじめてで、悲鳴もあげられず、しばらくそこで座り込んでしまいました。なにこれ?…と混乱しているとそこに長男が駆け寄ってきて、どうしたの?ママ?と私に話しかけてくれました。

 

 

すると次は長男の様子が。

 

気持ち悪い…

 

普段いくら食べ散らかしても気分が悪くならないような強靭な胃袋を持った長男が気持ち悪いなんてあまり言わないんです。だからこれは絶対危ないと思いました!

 

 

すぐに長女に今あったことを話して、まだ家の中におじさんの気配を感じる?と聞くと、まだいる。私たちのことを見て面白がってからかってる。と言います。

 

なのですぐにパパに言って、2階の寝室からお清めの塩とお札と木で出来た剣の御守りを取ってきてもらいました。

これは以前、長女があまりにも霊が見えるとか話をするとか言っているときに心配になって病院に連れていってみたり、由緒ある神社やお寺に連れていっているときにいただいたアイテム。

 

これで悪霊が退散するのかはわかりませんが、みんなで塩をまいて、お札と剣のおまもりをテーブルにおいて、昔教わった儀式?のようなことをしました。

 

霊を無理矢理力技で祓うのは素人には無理だから、怒りを鎮めるような方法と伺った記憶があります。

 

 

それで、とりあえずその日は終了。

今どうなってるか分かりませんが、今日の午後に以前娘を見てくださった住職さんがわざわざ我が家の様子を見にきてくださいます。

 

 

そういうこと、私は怖いと思っていても信じていなかったんだけどなあ。長女があまりにも強い力を持っているから引き寄せてしまうと言われたことがあります。

 

私がこの前入院沙汰になったのももしかして?!

と思いましたが、あれはたぶん私のただの不注意(笑)霊のせいにしたら怒られちゃうかな。

 

 

 

騒動のあと、パパはもう怖がっちゃってベッドの中で震えていました。

その日は珍しく子供たちも怖がって、寝室に集まってみんなで寝ました。

 

そういう意味でも昨日の義両親の襲来は、いい気分転換になってよかったのかな。感謝しなくては。

 

 

 

不思議なことってけっこうあるものです。我が家では特に。

 

文章で書くとこわさがあまり伝わらなかったかも知れないけど、長女が1点を凝視して、誰かがこっち見てるなんて言いだすと本気で怖いです。涙出ます。

 

 

今年は富士急のお化け屋敷にみんなで行ってみようかな。そういうアトラクションは私大好きなんですよね!怖がりなくせに。

 

 

さてと。

というわけでこれから住職が来るので部屋の片付けをします。

 

まだあの例のおじさんが家の中にいると思うと1人で過ごしてるのが怖いですが、アイテムのおかげか少し落ち着いてる?様子です。

 

私がみたあの大きな顔はなんだったんだろう…疲れてるだけかな?

 

 

それではまた書きますね。

ここへたまたま来てくれた方、ちょくちょく覗いてもらえたら嬉しいです。